モンキーターン


モンキーターン
51V6TCHCD9L.jpg

あらすじ
高校まで野球をしていた主人公 波多野 憲二(はたの けんじ)は、野球の高校予選
で敗退してしまい、その野球監督の担任が昔から競艇が好きで、主人公 波多野に競艇選手に
なる気はないかと誘う。

その監督は、以前にも、教え子の女子、萩原 麻琴(はぎわら まこと)にも競艇をすすめ、
競艇選手になり、女子競艇選手の上位成績を収める選手までに成長していた。

その監督の、競艇選手の才能を見抜く眼力は、主人公 波多野にも競艇の才能があると思い、
誘うのであった。

その後、監督と教え子の競艇選手は、主人公 波多野を競艇場に連れていく。
その競艇場のサービスとしてボートに乗れるサービスがあり、主人公 波多野は、
初めてボートに乗ることになる。

その初めて乗ったボートの楽しさから、競艇選手を目指すことになる。

ここから主人公 波多野 憲二の競艇選手としての波乱万丈の人生が始まる。


私の評価(5段階中 ★4.0)
この作品は、私にとって、競艇アニメの中で、1番おもしろい
と思っています。

まぁ、競艇アニメ自体、あまりありませんから、この作品を見て、競艇選手
になりたいって思う人が、けっこういると思うんですよねー。

私も、実際、この作品を見る前は、競艇なんて全く分かりませんでしたし、
競艇のおもしろさも分からなかったんですよね。

でも、この作品を見てからは、実物の競艇を見てしまうようになりました。

それぐらいのインパクトのある作品です。
もう競艇アニメのパイオニアっていっても過言ではないです。

読み手が知らないことを書く漫画を、読み手におもしろいと
感じさせる作品は、あまりないですよね。

評価を★4.0にしたのは、作画がもう少しよかったらよかったのにと
少し、思ってしまったんですね。なので、その評価にしました。

まぁ、この作者は、この絵を中心になさってますし、物語性は抜群
なので、仕方ないです。

競艇に興味のある方は、是非、読んでみてください。

この記事へのコメント